腱板損傷について

腱板損傷

このようなお悩みありませんか?一つでも当てはまったら、
今すぐ当院にご連絡ください!
お悩み
  • 肩が動かしにくい
  • 夜間に痛みがあって眠れない
  • 運動すると肩が痛む
  • 転倒して肩を打ってから痛みが取れない
  • 腕を上げるときに力が入らない
  • 肩を動かすとゴリゴリ音がする

全て当院にお任せください!

腱板は、肩周囲にある4つの筋肉からなる筋肉群で、インナーマッスルやローテーターカフとも呼ばれています。腱板損傷はその筋肉群が部分的に損傷、あるいは全て断裂した状態です。

 

腱板は肩甲骨と腕の骨(上腕骨)をつないで肩関節を安定させており、それぞれの筋肉には円滑に運動するための重要な役割があります。

 

腱板

肩甲下筋:肩関節から腕を内側にひねる動き
棘上筋:肩関節から外転、横に腕を上げる動き
棘下筋:肩関節から腕を外側にひねる動き
小円筋:肩関節から腕を外側にひねる動き

 

腱板損傷の原因

原因

腱板損傷は、大工など日常的に腕や手を頭よりも高い位置に上げて繰り返し作業する仕事に就く方や、野球やテニス、水泳などのスポーツを行う方に多くみられます。

 

また、40~60歳以上の男性に発症することが多く、この場合は加齢や繰り返し使用することによる腱板への負担が原因です。

 

他にも、転倒や交通事故でぶつかったりひねったりした場合や、スポーツなどで肩関節に過剰な回旋運動が加わることで発症しやすくなります。

 

腱板損傷の症状

症状

腱板損傷を発症すると、肩関節から腕を動かしたときに肩関節に痛みや腕が上がらないなどの症状があらわれ、夜間痛で眠れないこともあります。

 

また、四十肩・五十肩などの肩関節周囲炎とは異なり、腱板損傷の方が肩関節の動きが制限されないことが特徴です。

 

損傷した腱板は自然治癒することはむずかしく、放置してしまうと筋肉に引っ張られて損傷や断裂部が拡大し、痛みが悪化することがあります。完全断裂の場合は整形外科での手術の対象になることもあるため、注意が必要です。

 

当院での施術方法は?

コンディショニング

当院では、腱板損傷の痛みを正確に特定し、適切な施術を提供しています。以下は、当院で行われる施術方法の概要です。

 

1.手技治療

痛みの原因となる筋肉の緊張を緩和するために、患者様の症状や身体の状態を評価して個々に適した手技治療を行います。この施術には、マッサージや関節調整が含まれています。

 

2.トリガーポイント治療

トリガーポイントとは、筋肉の硬直やこりの部分であり、痛みが発生する点を指します。トリガーポイント治療では、痛みの発生に関連する筋肉のトリガーポイントを標的にして、その点に圧を加えて筋肉の緊張を緩和し、痛みを軽減することを目指します。

 

3.鍼灸治療

鍼灸治療は、特定のツボを鍼で刺激することで身体のバランスや経絡の流れを整え、自然治癒力を高める効果が期待されます。腱板損傷による痛みを軽減するために、鍼灸治療が適用される場合があります。

 

4.ハイボルト・超音波治療

ハイボルト・超音波治療は、微弱な電流を用いて損傷した神経や筋肉の修復と活性化を促し、痛みを軽減する治療法です。

 

腱板損傷は当院にお任せください

スタッフ

当院では、さまざまな施術方法を組み合わせて、腱板損傷による痛みや筋緊張の緩和を図ります。患者様一人ひとりに合わせた治療メニューを組み立て、早期改善を目指してサポートいたします。

 

※腱板断裂が疑われる場合は、正確な診断にMRI検査が必要になるため、提携している整形外科をご紹介いたします。

 

お気軽にお問い合わせください

北区 武蔵ヶ丘本院 電話予約ライン予約 接骨ネット武蔵ヶ丘 エキテン武蔵ヶ丘
  • 店舗
  • 営業時間

住所:〒861-8001 熊本市北区武蔵ヶ丘 1-2-38

アクセス:ゆめタウン光の森から武蔵ケ丘方面へ車で 約5分
JR武蔵塚駅から 約440m
沖畑団地バス停から 約20m

菊陽町 光の森院 電話予約ライン予約 接骨ネット光の森 エキテン光の森 メディカルドック
  • 店舗
  • 営業時間

住所:〒869-1108 熊本県菊池郡菊陽町光の森 5‐10‐1

アクセス:ゆめタウン光の森から車で 約5分
JR光の森駅から 約1km
光の森五丁目バス停から 約70m